カメラを使った人物追跡ソフト開発!(序章)

f:id:daichi-t-0123:20170624185858j:plain
今回は、Raspberry PiWEBカメラを使用して「人物追跡ソフト」について書こうと思います。

そもそも、「人物追跡ソフト」って何よ?
私が勝手に命名しました!

どんなものかと言うと、

カメラの前に人が通ったら人を認識して
モニターに人を□で囲んで表示させる。

って感じのソフトになります。
前に、人の顔を認識するものを作成しましたが、それの人(全身)版です!!


では、今後の作成するためのスケジュールはといいますと、こんな感じになっています。

  1. 人(全体)を認識するソフトの作成。
  2. カメラのどこから人が来たかを感知するソフトの作成。(※1)
  3. カメラの前を横切った人を正確にカウントするソフトの作成(※2)

※1
 通路の端にカメラを設置した場合、右から左に行く人と左から右に行く人が出てきます。
 それを画面のどこから来たかを保持させる。

※2
 ※1のどこから来たか保持したものを使用して、
 過ぎ去る際のカウントを行わないようにして2重カウントを防ぐ。


こんな感じのプランで進めていこうと思います。
まずは、出来るか調査しないと、、、


それでは、また!


励みになりますので1クリックお願いします。

広告を非表示にする