Raspberry Piのホスト名を変更してみよう!

IPを固定にしていないRaspberry Piに接続したい時にわざわざIPを調べるのは面倒ですよね。
なので、ホスト名を設定してホスト名で接続しようと思います。
※あと、Raspberry Piの方に「Samba」入れてwindowsからアクセスできる共有フォルダを作成しておいて下さい。

<今回用意したもの>

<作業開始!>

基本的にRaspberry Piで作業してもらえば大丈夫です。
Tera Termなどのソフトがwindows側に入っているのであれば、
そちらからでも変更可能です。

Raspberry Piの環境を最新に!
$ sudo apt-get update

何か導入するときとかは基本的にこのコマンド打ちますよね。
私はお約束って感じで捉えてますが、実際はどうなんでしょうね(^^;)

Avahiが導入されているか確認!
$ sudo apt-get install avahi-daemon

私が実施した際は先に誰かが入れたのか、すでに入っていました。
入っていない場合は、yを押してインストールして下さい。

ホスト名の変更!
$ sudo nano /etc/hostname

開くとホスト名が表示されます。
xxxxxxxx-desktopとなっていたので、「Raspics」と変更しました。
※xxxxxxxxが個人名だったので変更してます。
※nonaの使い方は探して下さい。私も使い方は知らずに適当に行ったので説明できないです(>w<)

$ sudo nano /etc/hosts

開くと「127.0.1.1」が記載されているところのxxxxxxxx-desktopを「Raspics」と変更します。
※必ず上で変更したホスト名と合わせて下さい。

Raspberry Piを再起動
$ sudo reboot
windowsからRaspberry Piの共有フォルダにアクセスする。
\\Raspics\pi

共有フォルダはpiとしていますので、上記のアドレスで接続できればOK!
この時、IDとPWを聞かれるかもしれません。

*1:OSは「Ubuntu mate」です。LAN接続済み

*2:OSは「win10」です。LAN接続済み

広告を非表示にする